topbiographyscheduleairblue's blogmedialyricsphotolink
 
  AirBlue Album "Proof " 歌詞 日本語訳

Drivin' On A Coastline

貴方のもとへ帰らなくては
もう一度、貴方のいる場所へ戻りたい
月の光の下 海岸線を走っていく
自分がどこにいるのかもわからない

私達は過去のひと時を確かに分け合ったけれど
それはいつのことだったかしら
ハイウェイを通り抜けて
私達が捨ててしまった時間を
見つけるために急いで行くわ

もしも、私の心が貴方を呼ぶのが
聞こえるなら
その愛がまだそこにあると言って
貴方をこの腕に抱きしめるの
これ以上待てない
だからどうぞお願い
私を行かせないで この先ずっと

私達はお互いを傷つけあうのに
あまりにも多くの時間を費やした
何故だかわからない
もっと速く行けば
痛みは楽になるのだろうか?
どうしたらいいかもわからない

アクセルの熱を足の下に感じながら
星の光に向かって海岸線を走っていく
涙があふれそうになる

* repeat

貴方がいる場所に行かなくては
貴方の元に帰らなくては…

私の鼓動を感じて
あなたを抱きしめる腕を感じていて
貴方のいる場所に帰りたいの
帰らなくては

I Swear And I'll Never

私たちはもう昔のように話をしなくなった
何度もあなたは
そのことを私に伝えようとしたのね
あなたを構わなかったし
心を開くことも出来なかった
それが、長い間あなたを傷つけていることに
気付かなかったの

もしもあなたが戻れと言ってくれるなら
あなたが必要とする愛を
全部あげると約束する

私はあなたを行かせたくない
あなたは私を永遠に愛してくれる
ただ一人の人
私はあなたを泣かせるつもりではなかった
あなたを悲しませたくない
私は誓うわ 決して悲しませないと

夜通し起きていて、あなたのことを考える
あなたのように 私を愛する人は誰もいない
私に優しくキスして、夢心地にさせてくれる
今私が求めている事は
この腕の中にあなたを抱くこと

あなたなしの人生は意味が無い
色が次第にあせていくみたいに
あなたの笑顔を見ることができるなら
新しい日がやって来るでしょう

私はあなたを行かせたくない
あなたは私を永遠に必要としてくれる
ただ一人の人
私はあなたを泣かせるつもりではなかった
これからはあなたをがっかりさせたくない
私は誓う 決して悲しませないと

私をおいていかないで
あなた私にとって唯一の人だから

私を許してね あなたに愛してほしい
私を許してね ずっと私と一緒にいてほしい
今夜は…

Taste Of Heaven

全然、不思議だと思ったりしない
私が出来る全ては試してみること
それが天国の味がするのかどうか
ただ確かめたいだけ
心の命じるままに従って私は知るべき
もっと素晴らしい何かを
あなたは与えてくれる
だから、天国のような
あなたの愛情をもっと感じたいの

私は恋の天才でもないから
自分の中で深く感じる事が怖い
でも、しっかりと私を引き寄せるひとつの愛が
すぐそばに存在している
あなたへの愛情
それは色んな意味で真実になるかしら?

ただ、流れに身を任せましょう
あなたの輝く瞳を見るために
私をおとぎの国や天国のような
素敵な場所へ連れて行って

心の命じるままに従って私達は知るべき
素敵な何かを見つけることを
あなたに天国のような 私の愛を
味わってもらいたいだけ

決して私を泣かせないで
全ての涙が終わる
あなたが私をしっかりと抱いてくれる時
勇気が湧いてくる
そしてその笑顔が私の雨の日を晴れにする

鳥達の歌声を聴きながら
人生は美しい翼で舞い上がり羽ばたくかのよう
あなたがもたらすメロディーのように
価値の無いものなどない
あなたの最高に甘い微笑みは
私の憂鬱な日を晴れやかにしてくれる


You Don't Need To Be Alone

雨は降り始め
彼女は窓の外を見上げている
微笑は影に消え失せて
だれも彼女の痛みを癒せない

私は夢を通りぬけて
彼女の祈りを待っている
彼女が必要としている愛のための
それが真実かどうか 誰もわからない

やがて時は彼女の痛みを癒すだろう
その雨で彼女の涙を洗い流すだろう

独りでいる必要はないの
独りにならないで
孤独でいる必要はない

Shine On Me

あなたの愛の光は私を照らしてくれる
私の心を溶かしてしまう
あなたの愛の光で私を輝かせて
あなたはそのやり方を知っている

どうやって率直に言えばいいのかしら
正しく伝えられるかどうか心配なの
ダーリン 約束して 笑わないって

いつ気付いたのかしら あなたが誰なのかって
すぐそばに特別な人がいる
自分の足跡を見失っていた

* repeat

いつか私の人生についてあなたと話したわね
ソウルメイトを見つけたいと願っていたこと
ごめんなさい 長い間あなたを待たせてしまって

もし私の自分の中にある気持ちを信じられたら
あなたの腕の中で最高の気持ちになれそうよ
あなたがするみたいに
私を感じさせてくれる人は誰もいないもの

 

もっと近くに来て ベイビー
私のところに来て
私を輝かせて ベイビー

(僕が君の太陽になるよ レディ)
(君が僕の太陽なんだよ レディ)

あなたの愛はまるで
そよ風のように柔らかい軽い羽
あなたのスペースで私を包んで、そして癒して

Sorry

あなたの愛にごめんなさいと言うわ
それはかつて、私のものだったから
それは、私のものだった

私達の愛に謝るわ 一度は運命だと思ったの
運命だと思っていた

あなたの悲しい目を見ると
私は、すべてを失くした気分になる
気持ちに嘘はつけない
私達は話す言葉も残っていないのよ

 

もしあなたが違う観点で見ているなら
あなたへ開いていた私のドアを閉めるでしょう
必死でやってきたのよ 他に何が出来ると言うの?

多分、あなたは妥協の余地がないと言うのね
あなたは決して気付いてくれなかったけれど
私はあなたをいつも気にかけていた
私は夢の世界にいたのかしら?

* repeat

あなたのために開いたドアを閉めるでしょう
凍りついた瞳は決して本当の私を見ようとしない
何も残ってはいない 他に何が出来ると言うの?

どれだけの涙を流したか
どうやってこの空虚な心を埋めたかを決して忘れない
だって、幻の幸せの中に生きていたくないから

愛は、その輝きを失い
私達は、それを決して取り返すことは出来なかった
いつ、それは私の物だったのかしら
全く理解出来なかった

私達の愛に謝りたいの
とても遠くに行ってしまったかのよう
あなたの愛に謝りたいの
あなたの愛を遠くへ運ばせて

あなたの愛にごめんなさいと言うの
それはかつて、私のものだったから…
それは、私のものだった
私達の愛に謝りたい
あなたを救うことが出来なくて、ごめんなさい

 

 

contact us site credit